みずほあられ お留守番犬さくらの独り言

京都、大阪、滋賀の手づくり市を中心に出店している滋賀のあられや『みずほ製菓』のお留守番犬 ジャーマンシェパードのさくらがみずほあられの家族のこと、工場のこと、あられのこと、出店イベントのこと、地元多賀のこと、滋賀のこと、観光・おすすめスポット・グルメなど、全国の犬、猫友からの情報などなど思いつくまま綴ってます

多賀のこと

東大寺と敏満寺 水沼荘

おはようございます。
さくらです。


今日も敏満寺の歴史のお話。
奈良時代(710~794)に聖武天皇が百済から伝承した
仏教を国家鎮護の中心として奈良に大仏建立したのは
皆さんご存じのお話だと思うのですが、
大仏完成直前に、大仏の前で行われる千灯法会の料田として
水沼荘(大字敏満寺内の田園約30町歩)が天平勝宝3年(751)
に東大寺に寄進され、水沼荘は東大寺の荘園になり、
その荘園図は正倉院に収納されてるみたいです。
荘園図に描かれている水沼池は現在の大門池で、
滋賀県で2番目に古い池だそうです。
8e9782584457018aacf422d1da8531ec99e74a79.77.2.9.2
左の池が大門池
 
水沼荘が東大寺の荘園になってから長徳4年(998)頃まで
東大寺との関係が続いて、その間に敏満寺が創建(859~889)され、
より東大寺との関係が長く保たれたようです。
95b19f5cc7acda6856559a20d9abbbfb6924f748.77.2.9.2

源平合戦で平重衡の兵火で東大寺が消失してしまい、その再建のための
協力を俊乗坊重源が敏満寺に求め、それに応じた敏満寺に仏舎利を納めた
金銅五輪塔を寄進して謝意を表したそうです。
レプリカですが胡宮神社にあります。
8587eb30275499c04e7bc2f248894fcd1b57a5ea.77.2.9.2

どうです?私の住む敏満寺に少し興味出てきました?
胡宮神社には他にも色々お話したいことがあるので
また追々。



幻の敏満寺

おはようございます。
さくらです。
昨日お母さんが焼そばを作るのに
人参をピーラーでそいでいて
私の目の前に人参が落ちてきたので
くれたのかなと思ってパクっと食べたら

お母さんが「さーくーらー
叱られました・・・・・
単に手が滑っただけだったみたいです
みんなに「さくらが馬になった!」と
言いふらされる始末

気を取り直して今日は地元敏満寺の地名に由来する
「敏満寺」についてのお話。
最近歴女なさくらです。
幻のお寺「敏満寺」は天台宗で創建には色々説があるようで
1、貞観、元慶(858~889)のころ伊吹山太平寺の三修上人(慈証ともいう)
によって創建
2、敏達天皇(572~585)の願いにより開基された
3、用明天皇(585~587)の願いにより道場を建立された
(古い由緒書に記載)
4、太政管通牒には「聖徳太子(593~622)草創の浄場、
慈性上人の径行の仁祠なり」とも記されている

と、どの説にしても神体山を中心とした古くからの霊場
だったことがうかがえます。
永禄5年(1560)9月、浅井長政の兵火にかかり、復興の途上、
元亀3年(1572)3月10日寺領2万3千石の返還を要求した
織田信長と論争があって、焼き討ちを受け廃寺となったようです。
その後、礎石は彦根城の築城にあたり石垣用に運び出されたようです。
彦根城を見る目が変わりますね。
OIP

約700年間、法灯ゆらぎ、堂塔48宇余と言われ繁栄を極めた敏満寺は
宝物の一部を残して幻の寺跡となってしまいました。
多賀SAに一部残っているようです。
OIPSA

桜の時期や紅葉の時期に胡宮神社に行くと地元の保存会の皆さんが
いるので詳しいお話が聞けますよ。


多賀観光協会からのお知らせ

おはようございます。
勝手に多賀町観光大使のさくらです。
『もんぜん市』には時々みずほあられも
置かせてもらってます。

今日は多賀観光協会からのお知らせです。

  平素は、多賀観光協会ホームページ・Facebook・Instagram及び
現地での多賀観光協会・多賀観光案内所、多賀大社前駅前観光案内所を
ご利用いただき 誠にありがとうございます。

 当 多賀観光協会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため
営業時間短縮にて対応してまいりましたが、誠に勝手ながら
6月1日より多賀大社前駅前観光案内所を、
下記期間休業とさせていただくことになりました。
IMG_1336

休業期間
令和2年6月1日~ 令和3年3月31日
休業に伴い多賀大社前駅前観光案内所では、荷物預かり、
レンタサイクル、叶絵馬すたんぷ巡り、絵馬札は休止とさせていただきす。

多賀大社前駅前観光案内所は、休業となりますが、コミュニティホールは開放しております。 
多賀大社周辺散策マップ他パンフレット資料等は設置しておりますので、ご利用ください。
ご不明、お困りの点がございましたら、
多賀観光協会・多賀観光案内所(国道307沿い)までご連絡ください。

※毎週(月・水・土)9時~11時30分開催の"地元で採れた
新鮮野菜販売『もんぜん市』"は、引き続き営業されますので、ご利用ください。
IMG_1338

 〇多賀観光協会・多賀観光案内所(国道307沿い)
     営業時間  6月1日より     10時~16時
    レンタサイクル、叶絵馬すたんぷ巡りは当面休止とさせ 
     ていただきます。
      絵馬札は販売中です。

近江鉄道ご利用の皆様には、ご不便とご迷惑をおかけしますが、
何卒、ご理解の程、よろしくお願い致します。
IMG_1337

【 多賀観光協会・多賀観光案内所⠀(国道307沿い)】
・犬上郡多賀町多賀389-1
・電話番号:0749-48-1553
・営業時間:10時~16時
・定休日   :お盆  (8/13~15)
                       年末  (12/29~31)

早く自由に観光できるようになって欲しいですね。




バーチャルトリップ

おはようございます。
さくらです。

今日は佐目十兵衛会の記事の紹介です。
敏満寺の「胡宮神社」も少し触れられてます。


東京滋賀県人会で、【河内の風穴】をご紹介頂きました!


十兵衛屋敷にお越しの時は、【多賀大社】は勿論、
FullSizeRender

浅井長政と織田信長と二回も焼き討ちにあった敏満寺跡の【胡宮神社】、

75D3C5B0-3834-49A5-9939-B40C00ACCABC

光秀と昔の旧き好みで山崎の戦いに参戦した犬上衆の平城【久徳城跡】
と、共にぜひ、河内の風穴へも。
IMG_3269
IMG_3273

河内は、小説『梟の一族』の舞台にもなっていて、
地産の野菜の天麩羅がバツグンに美味しいお蕎麦屋も風穴入口にあり、
この小説を読んでから行くと、風穴から出てきた水流も想像を掻き立てます。
他にも、このルート近くに多賀そばのお店が何軒もあり、
食べ比べも面白いかも、です。
IMG_3271


飯盛木

おはようございます。
さくらです。


みずほあられの工場から
キリンビールの工場へ行く途中に
樹齢300年以上の大きなケヤキの木が
2本あります。
多賀大社の木でキリンビールの工場に近いほうが
「女飯盛木」もう一本が「男飯盛木」
B07B2BBC-C9C9-4AF6-A766-85C957CFA8C3
滋賀県の自然記念物
その昔元正天皇(在位715~24)が病を得たとき、
平癒を祈念して多賀大社の神官らが強飯(こわめし)を炊き、
飯を盛る杓子とともに献上した。これを食して全快した為
以来多賀杓子は庶民のお守りとされるようになった。
という言い伝えで、
杓子を作った残木を地にさしておいたところ、成長して
このような大木になったという伝説があるんです。
これが「飯盛木」の由来になっているようです。


E2863628-FC71-414F-BD13-3D5F34BD113B

B7F929FE-46DC-4B06-A44E-2AE1A9E1AD53

時々写真を撮ってる人がいます。

たまにここにも散歩に連れてきてもらいます。

高宮の郵便局の横に鳥居があるのですが、
昔々はそこから多賀大社の参道でそこからこのあたりを通って
多賀大社へお参りに行ったそうです。





ギャラリー
  • 昨日はお父さんの誕生日
  • 昨日はお父さんの誕生日
  • おもちあります
  • おもちあります
  • おもちあります
  • 玄関前のハーブたち
  • 玄関前のハーブたち
  • 玄関前のハーブたち
  • 玄関前のハーブたち